ザ・バスコレクション 広島バスセンター開業 60周年記念セット

ザ・バスコレクション 広島バスセンター開業 60周年記念セット

広島バスセンターが,昭和32年7月, 日本ではじめて一般的なバス路線のターミナルとして開業してから60周年を迎えることの記念として,1990年代に製造された広島電鉄,広島バス,広島交通の自社発注車の製品をセットにして発売されます.これは,ツーステップで標準床,メトロ窓といった,広島地区特有の仕様の車両で構成されます.広島電鉄の車両は,西日本車体工業58MC(B-I)U-MP618M形で,出羽線 可部・大林・千代田経由出羽行きの運用に就いた際の姿が,広島バスの車両は,富士重工業7E U-MP618M形で,29系統 深川線 広島駅・大内越峠・温品経由小河原車庫行きの運用に就いた際の姿が,広島交通の車両は,西日本車体工業58MC(B-Ⅱ)KCUA460NAN形で,勝木線 バスセンター・祇園・古市・可部経由勝木台行きの運用に就いた際の姿が,それぞれ再現されます.いずれの製品も,別売の「〈BM-02R〉バスコレ専用動力ユニット(ホイールベース35mm)」を組み込むことで,専用の道路で走行させることもできます.

スケール 1/150
※塗装組立済み
価格 3600円(税別)
発売日 2017年7月28日
購入する トミーテック ジオコレ ザ・バスコレクション バスコレ 広島バスセンター 開業60周年記念セット ジオラマ用品
発売元 トミーテック
鉄道ファン2017年8月号掲載| トミーテックの記事一覧