第三セクター鉄道の世界 経営危機を乗り越えたローカル線の仕組み

第三セクター鉄道の世界

国,地方公共団体と民間企業とが共同で出資する第三セクター方式で運営される鉄道会社について,その現況,歴史,将来の展望,さらに,車両,列車,沿線の魅力が余すところなく解説されている一冊です.さらに,各社が取り組む施策について詳述されており,5社の経営者に対するインタビューの記事も再建に向けた知られざるエピソードが垣間見えるなど,興味深いものとなっています.ボリュームのある内容の一冊で,比較的お求めやすい定価の設定になっていることも高評に値しますが,掲載されている写真の質を上げて欲しかったと思うのは,ぜい沢な注文でしょうか.

著者谷川一巳
発行宝島社
仕様B6判 320ページ
定価本体1300円+税
発売日2016年7月 9日
購入する第三セクター鉄道の世界 経営危機を乗り越えたローカル線の仕組みをamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2016年11月号掲載| 宝島社の記事一覧