10月29日
東京都立多摩図書館で講演会「甲武鉄道と中央線の歴史に日本の鉄道技術の原点を探る」開催

東京都立多摩図書館では講演会「甲武鉄道と中央線の歴史に日本の鉄道技術の原点を探る」を,2017(平成29)年10月29日(日)に開催します.
 甲武鉄道は現在の中央線の御茶ノ水—八王子間の前身となった私設鉄道で,中野〜立川間をほぼ一直線で結ぶとともに,外濠沿いに線路を敷設して踏切の無い鉄道を実現し,のちに電車を走らせるなど,当時の最先端の鉄道でした.甲武鉄道に関わった経営者や技術者を紹介しながら,その原点を探ります.講師は本誌連載でもおなじみの小野田 滋さんです.参加を希望される方は,WEBサイトまたは電話でお申し込みください.

開催期間 2017(平成29)年10月29(日)14時〜16時
会場 東京都立多摩図書館 2階 セミナールーム
講師 小野田 滋氏
定員 120名程度 (応募者多数の場合は抽選)
※参加無料
申込方法 ●WEB
 都立図書館WEBサイト下部のフォームからお申し込みください.
●電話(下記問合せ先にお電話ください)
 東京都立多摩図書館 情報サービス担当(電話:042-359-4020)
※講演会に参加された方を対象に,後日,鉄道総合技術研究所図書室を訪問し,雑誌『RRR』の編集者にお話を聞く機会を設けます.
詳細については講演会でお知らせします.(希望者多数の場合は抽選)
申込締切 2017(平成29)年10月18日(水)
東京都立多摩図書館について
所在地 東京都国分寺市泉町2丁目2-26
交通アクセス 中央本線・武蔵野線 西国分寺駅下車,南口から徒歩7分
※詳しいアクセス方法は東京都立図書館のページをご覧ください.
入館料 無料
開館時間 平日10時~21時,土休日10時~17時30分
休館日 東京都立図書館のページでご確認ください.
ご案内 東京都立図書館WEBサイト
2017年9月14日掲載|29日(日)の記事一覧