鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

2R形「かんぱち・いちろく」が出場 〜大分駅では見学会も開催〜

2R形「かんぱち・いちろく」が出場

JR九州では,新しいD&S列車となる「かんぱち・いちろく」が,2024(令和6)年4月22日(月)に小倉総合車両センターから出場し,日豊本線を南下しました.大分駅到着後に車両見学会も開催され,親子連れなどが詰めかけました.

 「かんぱち・いちろく」は,もと「いさぶろう・しんぺい」用のキハ47形をグリーン席・グリーン個室車に,普通列車用のキハ125形をビュッフェ車にそれぞれ改造・編成されましたが,1号車となる別府方から,2R-16+2R-80+2R-38と従来の付番方式とは大きく異なる車号となっています.
 「かんぱち・いちろく」は,4月26日(金)の博多行き“いちろく”から営業運転を開始する予定で,4月24日(水)には,博多駅での展示も予定されています.

2R形「かんぱち・いちろく」が出場

 また,同日,大分駅では「かんぱち・いちろく」のミニトレインが,改札内通路で公開されました.先頭車両の形状や,車体に配された久大本線をイメージした金色のラインが再現されています.
 お披露目当日は,JR九州の担当者と制作を担当した大分県立鶴崎工業高校 産業デザイン科の生徒2名が出席して記者会見も行なわれました.

写真:大分にて 2024-4-22
投稿:麻生 航太郎

このページを
シェアする