鉄道ファン2024年5月号(通巻757号)
『鉄道ファン』2024年5月号
2024年3月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年5月号
2024年3月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年5月号(通巻757号)
特集 短絡線ミステリー2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

E531系K409編成が出場

E531系K409編成が出場

JR東日本では,2024(令和6)年3月1日(金),勝田車両センター所属E531系K409編成が郡山総合車両センターから出場し,郡山→勝田間(東北本線・水戸線経由)での試運転を兼ねて所属先の勝田車両センターまで回送されました.
 今回の入場で1号車~9号車は通常の検査のほか,機器更新工事が施工されました.総合車両製作所横浜事業所で代替新製された10号車のクハE531-17は,2月1日(木)から2日(金)にかけて逗子から郡山へ甲種輸送されており,郡山総合車両センターでK409編成の10号車に組み込まれて出場しています.
 2021(令和3)年3月26日(金)未明に常磐線土浦—神立間で発生した線路内に侵入した乗用車との衝突事故により,K417編成の10号車クハE531-17が焼損して使用不能になり,K409編成の10号車クハE531-9を,同年4月からK417編成に組み込み,現在まで運用されています.
 K409編成の方は,2021(令和3)年4月ごろから8月ごろまで10号車欠車のため休車となり,K461編成のクハE531-1011を,同年8月ごろから2022(令和4)年3月ごろまで組み込んで営業運転を行ない,クハE531-1011を外したあとは,2022(令和4)年3月下旬から2023(令和5)年10月下旬まで10号車を欠車として勝田車両センターで再度,休車となっていました.
 その後,2023(令和5)年10月27日(金)に新潟車両センター所属のEF81 140にけん引され,郡山総合車両センターへ入場していました.

写真:水戸にて 2024-3-1
投稿:高橋 佑太

このページを
シェアする