鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
『鉄道ファン』2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
特集 地下鉄最新事情2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR東海,飯田線下地駅駅舎の供用を3月16日から開始
〜「東海道新幹線再生アルミ」を活用〜

JR東海,飯田線下地駅駅舎の供用を3月16日から開始

駅舎外観(昼間イメージ)

JR東海は,建替えを行なっていた飯田線の下地駅駅舎について,2024(令和6)年3月16日(土)の始発列車から供用を開始すると発表した.

JR東海,飯田線下地駅駅舎の供用を3月16日から開始

駅舎外観(夜間イメージ)

 同社では経年の進んだ駅舎について,防火性能の向上や耐震化などを目的に,建替えを進めているが,下地駅については,初めて「東海道新幹線再生アルミ」を活用した駅舎となる.
 駅舎ガラス面は「とよはしの巨木・名木 100選」に選ばれている,豊橋市立下地小学校のイチョウをモチーフとしている.また,駅舎入口までの通路を整備するとともに,環境負荷低減の取組として,線路設備で使用した木まくらぎや既存駅舎などを解体した材料を再利用し,LED照明を採用する.
 「東海道新幹線再生アルミ」は,通常のアルミを新製する場合に比べて,製造時のCO2排出量を97%削減し,環境への負荷を軽減することができる.

画像はいずれもJR東海ニュースリリースから

このページを
シェアする