鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR東海,新しい荷物輸送サービス「東海道マッハ便」を4月以降順次開始

JR東海,新しい荷物輸送サービス「東海道マッハ便」を4月以降順次開始

▲荷物積込みイメージ(左)と荷物積載イメージ

JR東海は,東海道新幹線における法人向けの即日荷物輸送サービス「東海道マッハ便」を開始すると発表した.

JR東海,新しい荷物輸送サービス「東海道マッハ便」を4月以降順次開始

 これは,東海道新幹線の安全・正確・高速・高頻度で揺れが小さいという特性を活かし,速達性に優れた高品質で環境負荷の小さい荷物輸送サービスを提供するもので,東海道新幹線による貨客混載輸送については,2020(令和2)年10月から実証実験を重ねてきた.

 サービス名称の「東海道マッハ便」(商標登録出願中)は,「こだま」が音に関係することに着想を得て,速さを想起させる言葉から,音速を表す「マッハ」を選び,荷物輸送サービスと親和性の高い「便」の字と組み合わせ,東海道新幹線を用いた速達性に優れる荷物輸送サービスであることを表現した.

JR東海,新しい荷物輸送サービス「東海道マッハ便」を4月以降順次開始

▲サービス概要

 サービスは,東海道新幹線の東京—名古屋間または東京—新大阪間において,“こだま”号の11号車にある業務用室を活用して荷物を運ぶ.1回あたりおおむね段ボール40箱相当(3辺合計120cmで換算)までの輸送が可能としている.1日最大の設定可能本数は,東京—名古屋間で26本,東京—新大阪間で22本とする.
 輸送する荷物については,医療関係品,精密機器部品,生鮮食品などを想定し,サービス開始時期は2024(令和6)年4月以降,準備ができ次第としている.具体的なサービス内容や開始時期については後日発表される.

JR東海,新しい荷物輸送サービス「東海道マッハ便」を4月以降順次開始

▲全国に広がる新幹線を利用した荷物輸送サービスのネットワーク
※敦賀—金沢間(2024年3月16日開業予定)は検討中.
※「はこビュン」は東日本旅客鉄道株式会社,「はやっ!便」は九州旅客鉄道株式会社の登録商標.

 今後は,上記の区間だけでなく,山陽新幹線と東海道新幹線,東北新幹線と東海道新幹線など,より広範囲に荷物を即日配送できるようJR各社との協業を進める.

画像はすべてJR東海ニュースリリースから

このページを
シェアする