鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

EF210-358が定期貨物列車をけん引

EF210-358が定期貨物列車をけん引

JR貨物では,2023(令和5)年11月27日(月),新鶴見機関区所属のEF210-358(LED式前部標識灯装備車)が3075列車(新鶴見(信)発,稲沢行き)をけん引しました.
 川崎車両での新製時にLED式前部標識灯を装備し,出場したEF210形300番代は現在,吹田機関区に355,356,新鶴見機関区に357,358,359,360,361の各車両が所属していますが,現時点で本線上を稼働しているのは358号機のみとなっており,また,同機もこれまで定期貨物列車けん引仕業には充当されず,タキ1300-1(太平洋セメント私有タンク車)の試運転列車(西浜松—静岡貨物間)けん引に充当されるなど,運用が限定されていました.
 なお,358号機にも新鶴見機関区所属の同形式他車同様,車両前面中央部ステップ先端に端部標記(写真は2端側)が記され,特徴となっています.

写真:逢妻—大府間にて 2023-11-27
投稿:志摩 敬

このページを
シェアする