鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

「西武有楽町線開通40周年記念車両」を10月1日から運転

「西武有楽町線開通40周年記念車両」を10月1日から運転

西武鉄道では,西武有楽町線開通40周年を記念して,2023(令和5)年10月1日(日)から「西武有楽町線開通40周年記念車両」の運行を開始すると発表した.

「西武有楽町線開通40周年記念車両」を10月1日から運転

 「西武有楽町線開通40周年記念車両」は,6000系(6017編成)に,開通当時西武有楽町線を走っていた営団地下鉄有楽町線7000系をイメージした黄色い帯のラッピングを施す.また,2023(令和5)年11月からはヘッドマークの掲出を予定しており,1983(昭和58)年の西武有楽町線発車式で掲出していたヘッドマークを彷彿とさせるデザインとする.
 このほか,西武有楽町線開通40周年を記念した乗車ポイントサービス「おでかけプラス」の実施や,関連グッズの発売も予定されている.
 西武有楽町線は,1983(昭和58)年10月1日に新桜台—小竹向原間が開通し,営団地下鉄(現東京メトロ)有楽町線との直通運転を開始.1994(平成6)年に練馬—新桜台間の延伸により全線が開通し,6000系による相互直通運転を開始した.その後,2008(平成20)年には東京メトロ副都心線,2013(平成25)年には東急電鉄東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線との相互直通運転を開始し,さらに2017(平成29)年からは有料座席指定列車「S-TRAIN」の運行を開始するなど,通勤・通学や観光で多くの利用がある.

画像はいずれも西武鉄道提供

このページを
シェアする