鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

南海,10月21日に南海本線・空港線・多奈川線・和歌山港線のダイヤを修正

南海50000系「ラピート」

写真:南海50000系「ラピート」  松ノ浜にて  2016-5-22  撮影:百々貴俊

南海電気鉄道では,2023(令和5)年10月21日(土)に南海線のダイヤを修正すると発表した.

 これは,2022(令和4)年10月に新型コロナウイルスの水際対策が緩和されて以降,外国人観光客を中心に空港線の利用が徐々に回復し,今後も継続した回復が見込まれることから実施するもの.
 特急“ラピート”については,平日・土休日ダイヤともにコロナ禍前と同様,終日1時間につき2本運転する.特急ラピートの増便などにともない,一部列車の運転時刻や発車番線が変更となる.

南海電気鉄道 8000系

写真:南海電気鉄道8000系  編集部撮影  住之江検車区羽倉崎検車支区にて  2008-2-1(取材協力:南海電気鉄道)

 一部の空港急行については,両数を6両から8両に変更し,需要増加に対応する.現行ダイヤの和歌山市19:41発急行難波行きについては,和歌山港19:35発に変更する.
 多奈川線では,利用状況を踏まえて運行形態を変更する.列車本数は平日ダイヤで上下各26本(現行各46本),土休日ダイヤで上下各23本(現行各37本)となる.また平日・土休日ダイヤとも,始発・最終列車の時刻を見直す.
 詳しくは,南海電気鉄道ニュースリリースに掲載されている.

写真はすべてイメージです.

このページを
シェアする