鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

ハピラインふくい,車両・駅名標デザインが決定

ハピラインふくい,車両・駅名標デザインが決定

北陸新幹線の金沢—敦賀間の開業にともない,JR西日本北陸本線 大聖寺—敦賀間の運営を引き継ぐ「ハピラインふくい」は,開業日を2024(令和6)年3月16日(土)に決定し,車両と駅名標のデザインを発表した.
 使用される521系については,ロゴのピンクとグリーンを使用し,2色の帯と花びらのようなレイアウトで,ハピラインらしい,明るい,親しみやすい,華やかなものとした.
 駅名標についても,隣接駅表記部分をピンクとし,当該駅名表記部分のまわりには,車両と同じく花びらのような模様が散りばめられている.
 なお社名の「ハピラインふくい」は,「ハピネス(しあわせ)」が福井県の「福」を表し,県民に親しまれている言葉とし,『「ひと」と「まち」を,鉄道が線(line)となって「つなぐ」ことで,「しあわせ」な福井の未来を創っていきたい』という姿勢を表している.
 シンボルマークについては,「ハピライン」と「ふくい」のそれぞれの頭文字「H」と「F」をひとつのマークとし,安定感のある三角形とひし形をやわらかなフォルムで構成される.

画像はハピラインふくいニュースリリースから

このページを
シェアする