鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

北大阪急行 南北線延伸線(千里中央—箕面萱野間)の開業日が2024年3月23日に決定

北大阪急行電鉄 9000形3次車

写真:北大阪急行電鉄 9000形3次車  松本洋一撮影  桃山台にて  2016-3-1

箕面市と北大阪急行電鉄は,南北線延伸線の開業日について,2024(令和6)年3月23日(土)に決定したと発表した.

 南北線延伸線は,現在の終点である千里中央から北へ約2.5km延伸し,「箕面船場阪大前駅」と「箕面萱野駅」の2駅が新設される.開業日については,工事が順調に進ちょくしており,各種試験や検査の実施におおむねめどをつけたことなどを総合的に判断して決定した.

北大阪急行 南北線延伸線(千里中央—箕面萱野間)の開業日が2024年3月23日に決定

▲北大阪急行電鉄南北線延伸線の路線図(北大阪急行線延伸事業パンフレット「北摂くらす」から)

 南北線延伸線の開業にともない,新大阪や梅田,なんばなど,大阪都心部まで乗換えなしの鉄道アクセスが誕生する.また,箕面萱野駅にバスターミナルを整備し,そこから東西方向に発着するバス路線を大幅に再編する.
 これにより,箕面市域の公共交通による移動の利便性を広範囲に向上させるとともに,マイカーから公共交通へと移動手段のシフトが進み,国道423号線(新御堂筋)をはじめとする幹線道路や,その周辺の交通混雑緩和や環境負荷低減効果も期待されている.

一部画像は北大阪急行ニュースリリースから

このページを
シェアする