鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

嵐電,8月26日にダイヤ改正を実施

嵐電,8月26日にダイヤ改正を実施

写真:京福電気鉄道モボ21形  編集部撮影  西院車庫にて  1994-5-27(取材協力:京福電気鉄道)

京福電気鉄道(嵐電)では,2023(令和5)年8月26日(土)に嵐山本線・北野線でダイヤ改正を実施すると発表した.
 今回の改正では,2017(平成29)年3月の結節改善・バリアフリー化事業によって乗り継ぎ利便性が向上し,その後の利用状況が定着した西院駅での乗降状況や,路線全体での日常的な利用実態を反映する.加えてコロナ禍からの回復状況を踏まえたダイヤへの見直しを行なう.
 現状,特に午後の時間帯に嵐山方面から市内中心部へ向かう電車で利用が集中しており,混雑緩和を図ることで利便性と快適性の向上を図る.
 嵐山本線では連結運行時間帯の拡充として,平日16時〜18時台,休日14時〜16時台を中心に2両編成で運転する.また朝方のラッシュ時間帯において,現行の5分間隔(1・2両交互で運転)を8分間隔(全車2両)に変更する.夕方のラッシュ時間帯では,現行の8分間隔(1両編成)を10分間隔(2両編成)に変更する.
 北野線では,朝8時前後の約1時間を8分間隔で運転することで,通学時間帯の増便を行なう.
 今回のダイヤ改正により,嵐山線全体として輸送力を約10%増強することとなる.詳しくは,京福電気鉄道ニュースリリースに掲載されている.

写真はイメージです.

このページを
シェアする