鉄道ファン2024年9月号(通巻761号)
『鉄道ファン』2024年9月号
2024年7月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年9月号
2024年7月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年9月号(通巻761号)
特集 東京近郊JRネットワーク
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR東海,385系量産先行車を新製へ

JR東海,385系量産先行車を新製へ

▲385系エクステリア(デザインはイメージ)

JR東海は,現在,特急“しなの”に使用している383系の取替えを見据え,385系量産先行車の新製を決定したと発表した.

 エクステリアは,「アルプスを翔ける爽風(そうふう)」をテーマに,アルプスのやまなみを颯爽と駆け抜けていくようすを表現したデザインとする.また,前面展望を両先頭車に確保し,四季を彩る自然の景観に恵まれた中央本線を味わう旅を演出する.
 385系では,乗り心地のさらなる向上のため,車両とカーブの位置関係を常時監視し,カーブ開始位置をより正確に検知することができる次世代振子制御技術を開発・導入する.これにより,滑走などが発生した場合でも,カーブ開始位置での振子傾斜が可能となり,乗り心地が向上する.なお,振子式車両で用いられる乗り心地評価指標について,383系を用いた走行試験による測定結果では,次世代振子制御が現行振子制御と比較して約15%の改善が見られた.

JR東海 383系

写真:JR東海383系  編集部撮影  神領電車区にて  1996-10-7(取材協力:JR東海)

 HC85系と同様に,車両機器の稼働状況や故障状況などを遠隔で常時監視する状態監視システム「DIANA」や,車内防犯カメラなどの安全設備を導入する.また,315系と車体長・ドア位置を統一することで,開口幅の狭いホーム可動柵を採用し,低コストでホーム上の安全性を向上することができる.
 385系は,2026(令和8)年度に量産先行車として1編成(8両)を新製する.走行試験を約1年間実施し,次世代振子制御技術などを確認したあと,2029(令和11)年度ごろを目標に,量産車を投入する方向で検討を進めている.

一部画像はJR東海ニュースリリースから

このページを
シェアする