鉄道ファン2024年1月号(通巻753号)
『鉄道ファン』2024年1月号
2023年11月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年1月号
2023年11月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年1月号(通巻753号)
特集 北陸特急のあゆみ〜“雷鳥”から“かがやき”へ〜
目次を見る
アンケートdeプレゼント

日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅の拡張工事が完成 〜7月15日から虎ノ門ヒルズ ステーションタワーとの接続を開始〜

日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅の拡張工事が完成

▲地下鉄駅前広場「ステーションアトリウム」のイメージパース(2023年秋ごろ)

UR都市機構と東京メトロは,日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅の拡張工事が完成し,2023(令和5)年7月15日(土)から同駅と虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(2023年7月竣工予定)との接続を開始すると発表した.

日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅の拡張工事が完成

▲地下2階コンコースのイメージパース

 虎ノ門ヒルズ駅は,周辺まちづくりを一体的に進めるため,UR都市機構が事業主体として事業調整,東京メトロが駅整備を担い,2020(令和2)年6月に設置された.その後,駅に隣接する虎ノ門一・二丁目地区市街地再開発事業の協力を得ながら,駅の拡張工事を進めてきた.
 駅においては,地上と地下1階にあった改札を地下2階に移設することで,駅の東西や地上と地下の行き来が可能となる.駅出入口は,虎ノ門ヒルズ ステーションタワー内に誕生する地下鉄駅前広場「ステーションアトリウム(面積約2000m²)」とつながり,ガラス越しに駅ホームへ自然光が入る,明るく開放的な「駅まち一体」の空間となる.これにより,交通結節点としての機能を果たしながら,駅とまちが連携,進化していくことで,多様な交流や新たなにぎわいを生み出す.
 なお,虎ノ門ヒルズ ステーションタワーの開業は2023(令和5)年秋を予定している.

日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅の拡張工事が完成

▲虎ノ門ヒルズ駅 周辺図

 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」にあわせて,2020(令和2)年6月から暫定的な出入口を設けた新駅として開業してきたが,今後は日比谷線ホーム下に位置する地下2階部分に,現状の倍以上の幅員となる通路(コンコース)と改札を新設する.これにより,虎ノ門ヒルズ駅を介して虎ノ門ヒルズステーションタワーとグラスロックだけでなく,その先の街中へと行き来できるようになり,「駅まち一体」のまちづくりが実現する.

日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅の拡張工事が完成

▲最終完成時のイメージ

画像はいずれも東京メトロ提供

このページを
シェアする