鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

【PR】 Nigel Cabourn「LYBRO」のご紹介

label
Nigel Cabourn「LYBRO」のご紹介

日本の鉄道は1872(明治5)年に開業し,昨年2022(令和5)年に開業150周年を迎えました.導入にはイギリスの援助を受けたことは知られていますが,そのイギリスの鉄道は1825年に開業し,まもなく200年を迎えます.今回は,イギリスのデザイナーNigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)氏が手がける「LYBRO(ライブロ)」をご紹介します.

「LYBRO」

「LYBRO(ライブロ)」について,Nigel Cabourn氏は以下のように語っています.
「1970年,私がファッションを学んでいた時代,当時イギリスを代表するワークウェアブランドであった「LYBRO」が開催したデザインコンテストに参加し,ワークウェアのオーバーオールをデザインして賞を獲得しました.
 それ以来「LYBRO」というブランドは私にとって特別なものでした.そして数年前,偶然にも40年代から50年代頃に作られたヴィンテージの「LYBRO」の広告用ウッドサインが3つ売られているのを見つけました.リバプールを拠点にした同社がイギリスのワークウェアの重要なブランドの一つだった頃のものです.
 私はその「LYBRO」のウッドサインを購入しました.私には当時のことがとても懐かしく,この会社がまだ存在しているのかどうかを確認したところ,もう現存していないことに愕然としましたが,改めて私のデザインするワークウェアブランドとして新生「LYBRO」を復刻させることにしました.」


■鉄道労働者「ナビーズ」

ナビゲーター,または略して「ナビーズ」はイギリスで最初の鉄道路線を建築する為に雇われた肉体労働者でした.人知れず活躍したヒーローであり,彼らの仕事は大変で,危険でした.1930年代から1950年代に焦点を当て,その彼らが着用した典型的なスタイルをピックアップし,新しいディテールと共に現代的な生地でアップデートしています.


■ウェイストコート -コットンブロークンツイル 28600円(税込)

ウェイストコート -コットンブロークンツイル

クラシックなワークウェアスタイルでありながら,フォーマルなスタイルにも合わせることができます.フロントはメタルボタン,背面にはクラシックなメタルバックルのシンチベルトが付いています.裏地はメインファブリックと同色のコットンツイルを使用しています.


■タイプ1ジャケット-コットンリネン 31900円(税込)

タイプ1ジャケット -コットンリネン

中心にプリーツがあり,ボタンと同間隔でボックスステッチが施されています.フロントとバックのヨークパネルが特徴で,コットンにリネンをブレンドすることで風合いを出し,春夏らしい仕上がりになっています.


■ナビーブレザー -コットンブロークンツイル 39600円(税込)

ナビーブレザー -コットンブロークンツイル


■プルオーバーワークシャツ-チェック 35200円(税込)

プルオーバーワークシャツ -チェック

3つボタンのプルオーバー仕様.袖は二枚仕立てで,袖口はボタンで調節可能.大きめの胸ポケットはボタンフラップ付き.バックネックにはクラシックスタイルのヘリンボーンテープを使用したハングループが付いています.


■プルオーバーワークシャツ 35200円(税込)

プルオーバーワークシャツ

3つボタンのプルオーバー仕様.袖は二枚仕立てで,袖口はボタンで調節可能.大きめの胸ポケットはボタンフラップ付き.バックネックにはクラシックスタイルのヘリンボーンテープを使用したハングループが付いています.

お問合せ先:>ナイジェル・ケーボン(https://cabourn.jp)

このページを
シェアする