名鉄,3月18日にダイヤ改正を実施

名古屋鉄道2200系

▲写真:名古屋鉄道2200系 能登暁規撮影

名古屋鉄道は,2023(令和5)年3月18日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 今回の改正は,新型コロナウイルス感染症をきっかけとした生活様式の変容に対応するため,輸送体制の効率化を目的に実施する.
 平日朝では,名古屋本線,知多新線,犬山線,広見線,各務原線,瀬戸線を対象に,利用状況に応じた列車の削減(24本)と区間縮小(17本)を行なう.名古屋本線では上下各1本の一部特別車特急を,一部特別車急行として運転するほか,新木曽川と笠松での特急の特別通過を取りやめ,両駅にすべての快速特急・特急が停車する.
 土休日朝では,新可児始発の特急(3本)を新鵜沼始発に変更する.これにともない広見線内は全列車が普通列車での運転となる.名古屋本線,常滑線,河和線,知多新線,津島線,尾西線,広見線では,利用状況に応じて,列車の削減(8本)と区間縮小(18本)を行なう.

名古屋鉄道 9500系

▲写真:名古屋鉄道9500系  編集部撮影  犬山検査場新川検車支区にて  2019-10-1(取材協力:名古屋鉄道)

 平日・土休日の9時〜20時台では,名古屋本線(名鉄一宮—名鉄岐阜間),河和線(知多半田—河和間),知多新線(富貴—内海間)において,利用状況に応じた発着駅の変更や,運行本数の見直しを行なう.また,蒲郡線,豊田線,築港線,空港線,小牧線を除く全線において,おおむね21時以降での運行間隔を調整し,運行本数の見直しを行なう.
 このほか平日ダイヤでは,名古屋市近郊における利便性の向上として,豊明—須ケ口間に準急を新たに設定し,速達性・利便性の向上を図る.土休日ダイヤでは,中部国際空港を19時以降に発車する準急を4両から6両に増結するほか,昼間の国府—名鉄一宮間の急行(上下22本)を,豊明—須ケ口間を運行する準急に変更し,運転区間を縮小する.
 ワンマン運転線区については,新たに各務原線・犬山線 名鉄岐阜—犬山間と知多新線の富貴—内海間が対象となる.各務原線では,全列車(終日)をワンマン運転とし,名鉄岐阜—犬山または三柿野間での折返し運転に変更する.知多新線では9時〜22時台の時間帯の列車について,富貴—内海間での折返し運転に変更する.
 詳しくは,名古屋鉄道ニュースリリースに掲載されている.なお名古屋鉄道WEBサイトでのダイヤ検索は,2023(令和5)年2月上旬から利用可能となる予定.

写真はすべてイメージです.