JR北海道,737系を導入
〜キハ143形などを置換えへ〜

access_time
2022年8月17日掲載
JR北海道,737系を導入

JR北海道は,老朽化したキハ143形などの置換え用として,新形車両737系を26両(13編成)導入すると発表した.

JR北海道,737系を導入

 編成は室蘭方1号車方からクモハ737形0番台+クハ737形0番台の2両編成.車体はアルミ合金製で先頭部は鋼鉄製.エクステリアデザインは,地域の移動手段として通学や通勤での日常的な利用が多いことから,優しさや親しみやすさに加え,明るく若々しいイメージとして「さくらいろ」をイメージした塗装とする.前面部は,黒色をベースとし,視認性向上を目的にコーポレートカラーのライトグリーンと警戒色の黄色を採用する.

JR北海道,737系を導入

 車内はオールロングシートとし,インテリアデザインはエクステリアと同様,優しさが感じられるデザインとする.乗降ドアを淡いピンク色とし,座席は,北海道内に咲く色とりどりの花をイメージしたドットをちりばめたモケットを採用する.
 乗降口のステップをなくすことで,客室床面をキハ143形よりも19cm低床化する.車椅子利用者向けに,大形トイレや車椅子スペースを設置するほか,各車にフリースペースを設置し,車椅子利用者だけでなく,ベビーカー利用者や大形荷物を持った乗客にも配慮する.

JR北海道,737系を導入

 主変換装置にハイブリッドSiC(シリコンカーバイド)モジュール,照明にLEDを採用し,従来の車両と比較して消費電力を低減する.最高速度は120km/hで,最大6両まで連結可能とし,JR北海道の通勤形電車では初めてワンマン運転に対応する装置を搭載する.
 737系は,2022(令和4)年冬から2023(令和5)年春にかけて順次落成し,室蘭本線の苫小牧—室蘭間で運用される予定.

画像はいずれもJR北海道ニュースリリースから