東武,「コインパス」「208F種車プレートレプリカ(シリコン製鍋敷き)」を発売

access_time
2022年8月16日掲載
「コインパス」

▲発売される「コインパス」のイメージ

「208F種車プレートレプリカ(シリコン製鍋敷き)」

▲発売される「208F種車プレートレプリカ(シリコン製鍋敷き)」のイメージ

東武グループの東武商事では,鉄道グッズの新商品として,「コインパス」4種類と「208F種車プレートレプリカ(シリコン製鍋敷き)」2種類を,2022(令和4)年8月18日(木)から発売します.

※写真はいずれも東武商事WEBサイトから

■コインパス
内容 ●ICカード入れが外側についているため,カードの出し入れが容易で,改札にもタッチしやすいなど,非常に便利なコインケースです.
●Dカンもついているため,キーホルダーを付けたり,チェーンやネックストラップを取り付けて使用することもできます.
仕様 ●種類...4種類(1720系,1800系×200系,100系,500系)
●素材...PUレザー,鉄
●サイズ...W約120mm×D約20mm×H約85mm
価格 各1900円(税込)
■208F種車プレートレプリカ(シリコン製鍋敷き)
内容 ●200型208F(りょうもう)には,1720系1721F(デラックスロマンスカー)の台車が使用されていた証として,車両妻面に「種車プレート」が取り付けられていました.編成のうち先頭車である「208-1」に取り付けられていた1721Fの先頭車「1721」が記載されているプレートのレプリカが,シリコンで作成されました.
●廃車回送時には白の塗装で塗られていましたが,妻面の部分まで赤ラインが塗装されていた時代もあったため,白・赤それぞれで商品化されます.
●耐熱性があるため,鍋敷きやコースターとしても使用できます.
●プレートの実物は東武博物館へ寄贈されていますが,貴重なプレートをレプリカとして楽しんでもらいたいという思いから,ふだん使いできるアイテムとして再現されています.
仕様 ●種類...2種類(1721・赤,1721・白)
●素材...シリコン
価格 各1800円(税込)
発売開始日 2022(令和4)年8月18日(木)
発売場所 ●書泉グランデ・書泉ブックタワー
●芳林堂書店みずほ台店
鉄道甲子園オンラインショップ
東武マーケットYahoo!店
ご案内 新商品発売のお知らせ(コインパス/東武商事WEBサイト)
新商品発売のお知らせ(208F種車プレートレプリカ/東武商事WEBサイト)