「京王×日本酒ICHI-GO-CAN®」を発売

「京王×日本酒ICHI-GO-CAN」を発売

京王電鉄では,スタートアップ企業との連携施策としてAgnaviと連携し,京王線の車両をモチーフにした「京王×日本酒ICHI-GO-CAN®」を,2022(令和4)年8月10日(水)から京王ストア全27店舗で発売します.

※写真:発売される「京王×日本酒ICHI-GO-CAN®」(京王電鉄提供)

概要 ●有料座席指定列車“京王ライナー”としても運行している5000系や,京王井の頭線の1000系をモチーフとしたラベルデザインの一合缶日本酒です.
●八王子の農家に生産委託した酒造好適米「ひとごこち」と,八王子高月清流米「キヌヒカリ」を使用した限定清酒で,高尾山などでも発売されている清酒「高尾の天狗」を内蔵し,京王電鉄の車両と京王沿線の地域をより身近に感じてもらえるよう,親しみのあるデザインの一合缶で発売します.
仕様 ●内容量...180ml
●アルコール度数...16度
●生産蔵元...舞姫酒造(長野県諏訪市)
●企画・協力・ラベルデザイン...Agnavi
発売金額 500円(税別)
発売開始日 2022(令和4)年8月10日(水)
※売り切れ次第,販売終了.
発売場所 ●京王ストア(エクスプレス含む),キッチンコート全27店舗
Agnavi ECサイト(8月10日オープン)
ご案内 一合缶を通じて日本酒の新たな魅力を発信する「Agnavi」と連携し,「京王×日本酒ICHI-GO-CAN®」を発売します!(京王電鉄WEBサイト,PDFファイル)