東武「N100系」の車両愛称名は「SPACIA X」に
〜2023年7月15日から運転開始〜

東武「N100系」の車両愛称名は「SPACIA X」に

▲車両エクステリアデザインのイメージ

東武鉄道は,特急「スペーシア」の新形車両「N100系」について,車両愛称名を「SPACIA X(スペーシア エックス)」に決定したと発表した.

 愛称の決定にあたっては,「N100系」の愛称を4つの候補の中から予想する「みんなで新型特急スペーシアの愛称を予想しよう!キャンペーン」を実施した.その中で応募数が最も多かった「SPACIA X」には,東武鉄道の日光・鬼怒川エリアへの輸送の代名詞として長年愛されてきた「東武特急=スペーシア」の伝統を維持・継承するとともに,新形車両に期待される役割を象徴した「X」の文字を加えることで,特急「スペーシア」の正統進化を想起させるものとした.

東武「N100系」の車両愛称名は「SPACIA X」に

▲「SPACIA X」ロゴ

 愛称ロゴについては,車両エクステリアデザインにもモチーフとして取り入れた「鹿沼組子」をイメージした書体とし,車両エクステリアデザインと統一性を持たせている.
 運転開始日は,2023(令和5)年7月15日(土)で,浅草—東武日光・鬼怒川温泉間を毎日2往復〜4往復する予定.発着ダイヤは観光に便利な時間帯を検討しており,4往復の運転日は,週末を中心に設定する.

東武「N100系」の車両愛称名は「SPACIA X」に

▲6号車「コックピットスイート」のイメージ

東武「N100系」の車両愛称名は「SPACIA X」に

▲2号車「プレミアムシート」のイメージ

 「SPACIA X」の特徴である多彩なシートバリエーションについては,それぞれの特急料金と特別座席料金を設定する.特急料金は,3号車から5号車の「スタンダードシート」が1940円,2号車の「プレミアムシート」が2520円となる.特急料金のほかに特別座席料金が必要な座席は,1号車の「コックピットラウンジ」が1名200円,2名400円,4名800円とし,5号車車端部の「ボックスシート(2名定員)」が1室400円,6号車の「コンパートメント(4名定員)」が1室6040円,同「コックピットスイート(7名定員)」が1室12180円となる.
 なお,東武トップツアーズ,クラブツーリズム,エイチ・アイ・エスの3社では,2023(令和5)年7月15日(土)から11月30日(木)までを出発日とする「SPACIA X」に乗車できる日光方面の旅行商品を設定し,予約を受け付けている(東武鉄道ニュースリリース参照).

画像はいずれも東武鉄道ニュースリリースから