「新幹線リレー号」運転

「新幹線リレー号」運転

JR東日本では 2022年(令和4年) 7月2日(土),「2022年春、夏の東北観光キャンペーン」にあわせた団体臨時列車として,「新幹線リレー号」が上野—大宮間で,上り1本と下り2本が運転されました.
 使用車両は大宮総合車両センター東大宮センター所属の185系B6編成(6両)で,編成前後の「新幹線リレー号」ヘッドマーク,先頭車側面の「JNR」マーク,側面表示器の方向幕など,当時のものを再現した装飾が施されました.
 「新幹線リレー号」は,2017年(平成29年)以来の5年ぶりの復活運転となりました.

写真:浦和—赤羽間にて 2022-7-2
投稿:島崎 誠