EF210-341が登場

access_time
2022年6月28日掲載
EF210-341が登場

JR貨物では,2022(令和4)年6月27日(月),EF210-341が製造元である川崎車両から出場し,翌28日(火)にかけて,兵庫から新鶴見(信)まで甲種輸送されました.けん引機は,兵庫→神戸貨物ターミナル→吹田貨物ターミナル間が岡山機関区所属のDE10 1561,吹田貨物ターミナル→新鶴見(信)間が新鶴見機関区所属のEF65 2090でした.写真は,EF65 2090のけん引で東海道本線を東上中のシーンです.

写真:野洲—篠原間にて 2022-6-27
投稿:志摩 敬