JR北海道,新千歳空港駅開業30周年記念企画を実施

access_time
2022年6月28日掲載
JR北海道,新千歳空港駅開業30周年記念企画を実施

JR北海道では,新千歳空港駅が2022(令和4)年7月1日(金)に開業30周年を迎えます.
 これを記念して,同日から記念フォトスポットの設置や,「記念入場券」の発売など,さまざまな記念企画を実施します.

※画像:新千歳空港駅開業30周年記念ロゴのイメージ(JR北海道のニュースリリースから)

■宣伝プロモーションについて
内容 ●新千歳空港駅開業30周年記念ロゴの作成
 「新たな風を北の大地へ」をコンセプトに,新千歳空港駅の社員がデザインしました.
●告知PR
・新千歳空港駅では,記念入場券(下記参照)の配色と同様の記念フラッグを掲出するほか,快速“エアポート”の停車駅を中心にポスターを掲出します.
・記念フラッグには,2026(令和8)年の「千歳空港開港100年」に向けたカウントダウンロゴをJR北海道ロゴと並列で配置し,千歳市が進めている千歳空港開港100年事業に向けての機運醸成に,JR北海道も協力していきます.
・車内誌「The JR Hokkaido」やデジタルサイネージなどの各種媒体を活用し,広く告知します.
■新千歳空港駅開業30周年記念企画について
(1)記念フォトスポットの設置
内容 感謝とおもてなしの気持ちを込めて,新千歳空港駅への来駅記念となるフォトスポットや手持ちパネルを駅社員が企画し設置します.
設置期間 2022(令和4)年7月1日(金)〜2023(令和5)年3月31日(金)
設置場所 新千歳空港駅 中央コンコース(改札正面)
(2)記念スタンプの設置
内容 新千歳空港駅開業30周年記念ロゴを使用したスタンプを設置します.
設置期間 2022(令和4)年7月1日(金)〜2023(令和5)年3月31日(金)
設置場所 新千歳空港駅 みどりの窓口付近
(3)記念入場券の発売
内容 ●3枚1セット
 新千歳空港駅にゆかりのある列車をイラストで表現し,快速“エアポート”の緑,開業当時の駅舎のメインカラーであった青・赤の3種類を3枚1セットで発売します.
●台紙付き
 台紙にはリニューアル前後の駅舎の写真などを掲載し,記念スタンプの押印スペースも設けています.
発売期間 2022(令和4)年7月1日(金)8時〜2023(令和5)年3月31日(金)
※売り切れ次第,販売終了.
発売価格 3枚1セット600円
※小児用の設定はありません.
※セット販売のため,バラ売りは行ないません.
発売数 限定3000セット
※券番号No.0001番は千歳市に,No.0002番は北海道エアポートに寄贈されます.
※ひとりにつき,1回の購入セット数を5セットに制限する場合があります.
発売場所 新千歳空港駅 みどりの窓口(6時30分~22時)
※発売初日(7月1日)は8時から16時まで,みどりの窓口横の特設ブースで販売されます.
※発売初日,特設ブースでの販売終了後は,みどりの窓口で22時まで販売されます.
※郵送での販売はありません.
※このほかの注意事項については,下記のJR北海道ニュースリリース(PDFファイル)内3ページ目をご覧ください.
(4)「新千歳空港駅30年のあゆみ」紹介
内容 新千歳空港駅の30年のあゆみや,当時の情勢などについて紹介します.
設置期間 2022(令和4)年7月1日(金)〜9月30日(金)※予定
設置場所 新千歳空港駅,南千歳駅,千歳駅,恵庭駅,北広島駅,小樽駅
(5)快速“エアポート”への記念ロゴステッカー掲出
内容 新千歳空港—札幌—小樽間を運転する快速“エアポート”のヘッドマーク部分に,記念ロゴステッカーを掲出します.
※1編成のみ.
掲出期間 2022(令和4)年7月1日(金)〜9月30日(金)
(6)駅弁への記念ロゴステッカー貼付
内容 新千歳空港駅と南千歳駅のホームで販売されている駅弁に記念ロゴステッカーを貼付します.
実施期間 2022(令和4)年7月1日(金)〜売り切れ次第,販売終了
発売場所 南千歳駅ホーム(1・2番線),新千歳空港駅ホーム
駅弁販売会社 ●南千歳駅:ブルマンズ(旧:まるい弁当)
●新千歳空港駅:JR北海道ソリューションズ
※このほかのイベントについては,下記のJR北海道ニュースリリース(PDFファイル)をご覧ください.
ご案内 新千歳空港駅開業30周年記念企画の実施について(JR北海道ニュースリリース,PDFファイル)