函館市電で5月30日に530号車が運転される

access_time
2022年5月31日掲載
函館市電で5月30日に530号車が運転される

函館市電では,2022(令和4)年5月30日(月),530号車が定期列車として運転されました.
 1951(昭和26)年からこれまで71年間,現役として活躍している530号車は予備車となっていて,活躍する機会が少ないですが,5月30日は5系統(駒場車庫前→湯の川→函館どつく前→湯の川)で運用されました.午前中は,函館市環境部が借り上げ,乗客を運賃無料とするとともに,5月30日が「ごみゼロの日」であることから「ごみゼロ運動」を呼びかけるPRを車内で行ないました.午後は,運賃徴収を行なう通常の定期列車として走行しました.午前・午後ともに,乗客には記念の乗車カードが手渡されました.

写真:大町—末広町間にて 2022-5-30
投稿:谷口 郁由