長野電鉄,駅スタンプをリニューアル
〜リニューアルを記念した入場券やグッズも発売〜

access_time
2022年4月29日掲載
長野電鉄,駅スタンプをリニューアル

長野電鉄では,2022(令和4)年4月29日(金祝)に,駅のスタンプをリニューアルしました.
 今回のリニューアルでは,これまで駅スタンプを設置していた長野・須坂・小布施・信州中野・湯田中の5駅に加え,権堂・善光寺下の2駅にも設置しました.
 またリニューアルを記念して,記念入場券やグッズも同日から発売しています.

※画像:リニューアル後の駅スタンプイメージ(長野電鉄WEBサイトから)

■駅スタンプのリニューアルについて
設置駅 長野駅・権堂駅・善光寺下駅・須坂駅・小布施駅・信州中野駅・湯田中駅
※駅により,スタンプ設置場所や利用可能な時間が異なります.
設置開始日 2022(令和4)年4月29日(金祝)
デザインなど ●長野駅
 地下駅ならではの独特な雰囲気を再現し,大人気のゆけむり1000系で行く北信濃の旅の出発に胸が高鳴るようなデザインです.
●権堂駅
 夏には七夕祭りでにぎわう権堂アーケードを大きく描き,真ん中には8500系を配置した,活気溢れるデザインです.
●善光寺下駅
 一生に一度お参りするだけで,極楽往生が叶うといわれている善光寺への参道を線路に変えた,最寄り駅ならではのデザインです.
●須坂駅
 日本さくら100選の「臥竜公園の桜」が舞う中で,蔵の町並みに見立てた車両基地から3000系が出庫する風情溢れるデザインです.
●小布施駅
 静態保存されている長電オリジナル車両の2000系とともに,特産の栗や江戸の浮世絵師の葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」の波しぶきを描いた歴史を感じるデザインです.
●信州中野駅
 3500系と唱歌「ふるさと」の作者である高野辰之が生まれ育った中野市の名所や特産品を盛りだくさんに描いた,北信濃の自然とめぐみを感じるデザインです.
●湯田中駅
 スノーモンキーの愛称で親しまれる2100系に乗って目指す,地獄谷野猿公苑をはじめとした冬の北信濃を彷彿とさせるデザインです.
■リニューアルを記念した入場券とグッズの発売について
内容・価格 ●記念入場券(D型硬券)...1枚170円
●缶バッジ(直径38mm)...各300円
※価格はいずれも税込です.
※缶バッジは,ブラインドパッケージのランダム販売です.
発売開始日 2022(令和4)年4月29日(金祝)
発売場所 上記の駅スタンプ設置駅
※記念入場券はいずれも当該駅のスタンプデザイン商品のみの取扱いです.
ご案内 駅スタンプのリニューアルと新規設置駅について(長野電鉄ニュースリリース,PDFファイル)