京成,4月25日から“スカイライナー”など有料特急の全列車に警備員の乗車を開始
〜特急料金を改定へ〜

AE9編成

写真:京成電鉄AE形“スカイライナー”  東松戸にて  百々貴俊撮影  2019-9-20

京成電鉄では,2022(令和4)年4月25日(月)から,“スカイライナー”をはじめとした有料特急の全列車に警備員の乗車を開始すると発表した.
 京成では,駅構内や列車内において,警察と連携した巡回強化や,防犯カメラの増設を進めるとともに,防犯対策・対応力強化を目的とした各種訓練を実施しているが,警備員が乗車することで,乗客がこれまで以上に安全・安心に利用できるよう,車内でのトラブルなどの未然防止やトラブル発生時の対応力を強化する.
 警備員の乗車にともない,特急料金が改定される.改定後の特急料金は,“スカイライナー”の京成上野・日暮里—空港第2ビル・成田空港間で大人1300円・小児650円,“モーニングライナー”・“イブニングライナー”は大人450円・小児230円となる.
 臨時列車“シティライナー”の改定後の特急料金についても,京成上野・日暮里・青砥—京成成田間で大人1000円・小児500円,京成上野・日暮里—青砥間,京成上野・日暮里・青砥—京成船橋間,京成船橋—京成成田間でぞれぞれ大人550円・小児280円となる.なお,印旛日本医大始発の「臨時ライナー」の料金については,改定しない.
 また,「スカイライナーバリューチケット」や「京成×南海 特得チケット」など“スカイライナー”の利用が可能な企画乗車券6種についても料金を改定する.
 詳しくは,京成電鉄ニュースリリースに掲載されている.

写真はイメージです.