鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
『鉄道ファン』2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
特集 地下鉄最新事情2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」が営業運転開始6周年を迎える

「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」が営業運転開始6周年を迎える

JR西日本では,2022(令和4)年4月9日(土),岡山電車区所属の213系7000番台「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」(2両)が,営業運転開始6周年を迎えました.写真は,6周年となった同日,“ラ・マル せとうち”として宇野に向かうシーンです.
 213系7000番台は,「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」,「瀬戸内国際芸術祭」,「IMAGENEERING ART PROJECT」などの開催にあわせて,213系0番台を改造,整備し,2016(平成28)年4月9日(土)から“ラ・マル せとうち”として,「港町・宇野」をイメージした「碇(いかり)」デザインのヘッドマークを取り付け,岡山—宇野間で営業運転を開始しました.その後は,“ラ・マル しまなみ”(岡山—尾道・三原間),“ラ・マル ことひら”(岡山—琴平間),“ラ・マル 備前長船”(岡山—日生間)として,営業運転区間を拡大しています.
 また,同編成は,今年2022年1月から2月にかけて,網干総合車両所に入場し,車体ラッピングの張り替えや,屋根上および,床下機器類などの整備が実施され,その際,下り方先頭車(クロ212-7004)の前面運転士側窓ガラス上部に,「JR」マークが追加されています.

写真:備前田井にて 2022-4-9
投稿:志摩 敬

このページを
シェアする