ロイズタウン駅開業記念列車,「ラベンダー編成」で運転

access_time
2022年3月13日掲載
ロイズタウン駅開業記念列車,「ラベンダー編成」で運転

JR北海道では,2022(令和4)年3月12日(土)ダイヤ改正で,札沼線(学園都市線)にロイズタウン駅が開業しました.これを記念した列車が,苗穂運転所所属のキハ261系5000番台「ラベンダー編成」で運転されました.
 札幌発ロイズタウン行きと当別(ダイヤ改正で石狩当別から改称)発札幌行きがそれぞれ運転(いずれも客扱い区間)され,ロイズタウン行きは『ラベンダー編成で行く当別町』として,当別発札幌行きは『ロイズタウン駅開業記念 当別町民限定ラベンダー編成体験乗車会』として運転されたようです.両先頭車には,ロイズタウン駅開業を祝うシール式の特製ヘッドマークが掲出されました.
 なお,キハ261系5000番台が札沼線に入線するのは初めてのことです.

写真:あいの里公園—ロイズタウン間にて 2022-3-12
投稿:清水 龍太郎