秋田内陸縦貫鉄道,3月12日にダイヤ改正を実施

秋田内陸縦貫鉄道は,2022(令和4)年3月12日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.
 今回の改正では,午前中の鷹巣口の利便性向上を目的として,上りに阿仁合9:45発鷹巣10:41着(8D)を増発する.下りでは,現行ダイヤで鷹巣10:34発としている列車(11D)を10:05発に繰り上げ,新たに10:57発阿仁合行き(13D)を設定する.これにより,鷹巣発10時台の列車が2本となり,青森方面と秋田方面から接続する鷹巣口から森吉山や,伊勢堂岱遺跡等の沿線地域へのアクセス拡大を図る.
 夜間では,現在の利用状況から鷹巣18:58発角館行き(119D→改正後は421D)を比立内止まりに変更する.また,角館21:40発阿仁合行きの快速(228D)を廃止する.
 このほか,列車体系の変更にともない,一部列車の時刻も変更する.詳しくは,秋田内陸縦貫鉄道のページに掲載されている.