多摩都市モノレール,3月12日にダイヤ改正を実施

多摩都市モノレールでは,2022(令和4)年3月12日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.
 今回の改正では,コロナ禍による利用動向の変化に対応したものとなる.平日朝ラッシュ時間帯については,2021(令和3)年度の同時間帯の乗車人員が,コロナ前の2019(令和元)年度比で約2割減少していることを踏まえ,多摩センター行き列車の主要駅の停車時間を短縮し,全線の所要時間を最大80秒程度短縮する.なお,運転間隔・本数については,コロナ収束後の利用客の戻りに備え,おおむね現状を維持する.
 また,平日・土休日の夜間閑散時間帯については,2021(令和3)年度の20時以降の乗車人員が,コロナ前の2019(令和元)年度比で約3割減少していることから,運転間隔の見直しを行なう.これにより,同時間帯の運転間隔は,20時台で8〜12分間隔(現行:8〜10分間隔),21時台で10〜15分間隔(現行:8〜13分間隔),22時台で14〜15分間隔(現行:11〜15分間隔),23時台で18〜22分間隔(現行:11〜22分間隔)となる(いずれも立川北駅基準).
 初電車の繰下げおよび終電車の繰上げは行なわない.ダイヤ改正後の各駅時刻表のWEBサイト掲載は,2022(令和4)年3月上旬の予定.