秩父鉄道で『SL初詣号』運転

access_time
2022年1月2日掲載
秩父鉄道で『SL初詣号』運転

秩父鉄道では,2022(令和4)年1月1日(土祝)・2日(日),“SLパレオエクスプレス”が,『SL初詣号』として熊谷—三峰口間で運転されました.
 けん引機のC58 363には,日章旗(1日のみ),お正月飾り,干支をあしらった「初詣」の特別ヘッドマークが掲出され,乗客には特別乗車記念証がプレゼントされました.“SLパレオエクスプレス”は冬季特別運転として,2021(令和3)年12月24日(金)から 2022(令和4)年1月10日(月祝)の土休日を中心に計9日間運転される予定となっています.なお,けん引機のC58 363が 1944(昭和19)年の製造から 2021(令和3)年で77周年を迎えたことから,喜寿の祝いの色である紫色のナンバープレートと特別サボを掲出して運転されています.

写真:大麻生—明戸間にて 2022-1-1
投稿:舛掛 尚則