JR九州大分支社で「ベリーツ」ラッピング車両運転

access_time
2022年1月2日掲載
JR九州大分支社で「ベリーツ」ラッピング車両運転

大分県の「おおいたブランド推進課」とJR九州大分支社は,ブランドいちご「ベリーツ」のPRを目的に,2021(令和3)年12月15日(水)からラッピング車両の運転を行なっています.
 今回のラッピングは,大分車両センターに所属するキハ220-201と815系No21編成のクハ814-21の2両に施されており,各車でベリーツの広告やステッカーの掲出が行なわれているほか,キハ220形では,荷物棚にいちごの装飾が行なわれています.
 これらのラッピング車両は,2022(令和4)年2月15日(火)まで運転される予定です.

写真:由布院—野矢間にて 2021-12-30
投稿:麻生 航太郎