JR北海道,TVゲーム「オホーツクに消ゆ」とのコラボ企画を2021年度も実施

access_time
2021年12月30日掲載
JR北海道,TVゲーム「オホーツクに消ゆ」とのコラボ企画を2021年度も実施

▲“流氷物語号”に掲出されるヘッドマーク

JR北海道,TVゲーム「オホーツクに消ゆ」とのコラボ企画を2021年度も実施

▲特急“オホーツク”の復刻デザインヘッドマーク

JR北海道では,臨時列車“流氷物語号”とTVゲーム「オホーツクに消ゆ」とのコラボレーション企画を,2021(令和3)年度も実施します.
 また,2022(令和4)年1月29日(土)から,特急“オホーツク”のヘッドマークを「オホーツクに消ゆ」発売当時のデザインに復刻して運転します.

©アーマープロジェクト ©KADOKAWA CORPORATION
※画像はいずれもJR北海道のニュースリリースから

■“流氷物語号”とのコラボ企画について
内容 ●車両にオリジナルヘッドマークやサボなどを掲出します.
●車内では,オリジナルコラボグッズ(キーホルダー,レプリカサボなど)が販売されます.
●釧網本線の有人駅や道内のおもな駅には,オリジナルポスターが掲示されます.
■“流氷物語号”について
運転期間 2022(令和4)年1月29日(土)〜2月27日(日)
運転区間 網走—知床斜里 1日2往復
※運転時刻の詳細については,下記のJR北海道ニュースリリース(PDFファイル)内2ページ目をご覧ください.
編成 キハ40形「道北・流氷の恵み」+「道東・森の恵み」2両編成(一部指定席)
※都合により,ほかの車両や単行での運転する場合があります.
そのほか “流氷物語号”の詳細は,JR北海道WEBサイト内の「流氷物語号」特設ページに随時掲載されるほか,2022(令和4)年1月中旬ごろのプレスリリースにて発表されます.
■特急“オホーツク”ヘッドマーク復刻について
内容 キハ183系で運転している特急“オホーツク”のヘッドマークを,「オホーツクに消ゆ」が発売された1980年代当時に使用されていたものに復刻して運転します.
変更日 2022(令和4)年1月29日(土)から順次
※当分の間,掲出予定です.
そのほか ※列車編成や車内設備に変更はありません.
※同形式車両で運転する,特急“大雪”のヘッドマークに変更はありません.
※キハ261系5000番台(はまなす編成・ラベンダー編成)で運転する特急“オホーツク”では実施しません.
※そのほか,都合により復刻ヘッドマークを掲出しない場合があります.
ご案内 「流氷物語号」・特急「オホーツク」における取り組みについて(JR北海道ニュースリリース,PDFファイル)