島原鉄道キハ2553「Cafe Train Kamone」が営業運転を開始

access_time
2021年12月26日掲載
島原鉄道キハ2553「Cafe Train Kamone」が営業運転を開始

島原鉄道では,キハ2553が「Cafe Train Kamone」となり,2021(令和3)年12月25日(土)の観光列車「カフェトレイン」から営業運転を開始しました.
 車体は,西九州新幹線に導入されるN700Sの車体塗色にあわせた赤と白のグラデーションを配したデザインで,車内には「カフェトレイン」として運用される際にはデジタルサイネージが取り付けられます.列車名の「Kamone」というのは,「カフェトレイン」以外の一般の営業列車として運用をする「かもね」というシャレになっています.
 営業運転初日は,諫早で出発式が行なわれました.なお,出発式が行なわれた関係で,当日の「カフェトレイン」はふだんは諫早方に連結されるキハ2551が島原方に連結されました.

写真:島原船津—霊丘公園体育館間にて 2021-12-25
投稿:陣野 大誠