JR西日本,観光列車「et SETO ra」の運転計画を発表

キロ47形7000番台「et SETO ra」

写真:JR西日本キロ47形7000番台「et SETO ra」  編集部撮影  尾道にて  2020-10-4

JR西日本は,観光列車「et SETO ra(エトセトラ)」について,運転計画を発表した.
 「et SETO ra(エトセトラ)」は,2022(令和4)年3月4日(金)から2023(令和5)年2月27日(月)までの年末年始を除く月曜・金曜および土曜・日曜・祝日を中心に,合計198日間運転する.
 往路は広島9:32発→尾道12:32着,復路は尾道14:38発→広島17:22着(土休日は17:35着)とし,いずれも呉線経由で運転する.このうち往路では,美しい瀬戸内海の多島美を眺めながら楽しめるスイーツが提供される.また復路では,列車内のバーカウンターで,沿線の酒やつまみのほか,酒にあうスイーツが提供される.さらに,ビュースポットでは往復とも速度減速や一時停車など,美しい車窓を楽しむための演出も行なわれる.

写真はイメージです.