JR北海道,快速“エアポート”の「uシート」利用者向けにチケットレスサービス導入

access_time
2021年12月16日掲載
JR北海道733系3000番台

▲写真:JR北海道733系3000番台  編集部撮影  札幌運転所にて  2014-6-16(取材協力:JR北海道)

JR北海道は,快速“エアポート”の「uシート」の利用者向けに,チケットレスサービスを導入すると発表した.

JR北海道,快速“エアポート”の「uシート」利用者向けにチケットレスサービス導入

 これは,非対面・非接触ニーズの高まりやキャッシュレス化の浸透をふまえたもので,「えきねっと」で予約後,乗車券にKitaca・SuicaなどのICカードを利用することで,乗車券・座席指定券ともにチケットレスとするもの.サービスの詳しい取扱い方については,JR北海道WEBサイトなどで改めて発表される.導入時期は,2022(令和4)年4月1日(金)の乗車分からとしている.
 このほか,JR北海道を取り巻く経営環境の変化を受けて,2022(令和4)年度から,快速“エアポート”と“くしろ湿原ノロッコ号”,“富良野・美瑛ノロッコ号”に設定している座席指定料金の見直しを行なう.これにより現行の530円から840円(小児は半額)に変更する.

特記以外の画像は,JR北海道ニュースリリースから