東武大師線,年始の増発運転を実施

access_time
2021年12月10日掲載

東武鉄道では,2022(令和4)年元日から1月3日(月)までの年始期間中,大師線において増発運転を実施すると発表した.
 対象は,西新井10:02発から16:53発まで合計51往復で,通常10分の運転間隔を約8分〜10分間隔に変更する.
 また,年末年始の12月30日(木)から1月3日(月)までは,全線において土休日ダイヤで運転する.この期間中,特急列車を利用する場合は,土休日特急料金となる.
 なお,大晦日深夜時間帯の終夜運転や終列車の繰下げ・初列車の繰上げ運転は行なわない.