JR東日本,E531系による勝田車両センター60周年記念ラッピング車両を運転

JR東日本,E531系による勝田車両センター60周年記念ラッピング車両を運転

JR東日本水戸支社は,勝田車両センターの操業60周年を記念して,かつて運転されていた401系の塗装「赤電」をイメージした記念ラッピング車両を常磐線・水戸線で運転すると発表した.
 ラッピングを実施するのはE531系5両編成1本で,1985(昭和60)年まで運転されていた401系の通称「赤電」をイメージした帯色(小豆色・クリーム色)に変更し,新しさとノスタルジーを兼ね備えたデザインとなる.
 運転期間は2021(令和3)年11月5日(金)から2022(令和4)年度末までで,当面は水戸線 小山—友部間,常磐線 友部—原ノ町間の一部定期列車として運用される.2022(令和4)年1月ごろからは,上野東京ライン・常磐線 品川—友部間でも運転される予定.

写真はJR東日本水戸支社ニュースリリースから