キハ120 347が配給輸送される

キハ120 347が配給輸送される

JR西日本では,金沢総合車両所富山支所所属で,おもに高山本線で運用されているキハ120 347が,2021(令和3)年10月8日(金)に,自力走行により富山から敦賀へ回送され,2021(令和3)年10月10日(日)に,敦賀地域鉄道部敦賀運転センター所属のEF81 113のけん引により敦賀から宮原操車場へ配給輸送されました.
 JR西日本では,キハ120形の安全性・快適性の向上を目的に,2021(令和3)年度までに,全88両を対象にリニューアル改造を実施する予定と発表されており,このキハ120 347も,この先,後藤総合車両所へ配給輸送され,同所にてリニューアル改造が行われるものと思われます.

写真:近江中庄—近江今津間にて 2021-10-10
投稿:橋本 淳