×

トミーテック,広島電鉄5100形・東京メトロ7000系などを「鉄道コレクション」で製品化

広島電鉄 5100形

▲写真:広島電鉄5100形  松本洋一撮影  千田車庫にて  2005-2-2(取材協力:広島電鉄)

トミーテックは,2022(令和4)年1月から2月の「鉄道コレクション」発売予定品を発表しました.いずれの商品も,別売りの動力ユニットとNゲージ走行用パーツなどを使用することで,Nゲージ鉄道模型として走行させることができます.

■広島電鉄5100形5105号 グリーンムーバーマックス...5280円(税込)
■広島電鉄5100形5108号 グリーンムーバーマックス サンフレッチェ電車(2021シーズン)...6600円(税込)
 広島電鉄5100形「グリーンムーバーマックス」が製品化されます.
 5100形は,2005(平成17)年に運転を開始した国内製造車両初の超低床車電車で,合計10編成が製造されました.2021(令和3)年7月時点において,10編成中5編成が標準色として運転されており,製品では5105号をプロトタイプとしています.
 また,5108号は,地元のJリーグクラブであるサンフレッチェ広島の応援電車として,2012(平成24)年から運転を開始しています.外観にはクラブマスコットキャラクターのサンチェ・フレッチェや,2021シーズンのクラブスローガンが描かれています.
 上記の商品の発売にあわせて,「動力ユニット LRT用5連接 TM-LRT05」(税込5280円)も発売されます.
※詳しくは,製品情報のページ(PDFファイル)をご覧ください.

東京メトロ7000系

▲東京メトロ7000系7116編成  百々貴俊撮影  都立大学—自由が丘間にて  2019-7-23

■東京メトロ7000系 有楽町線・副都心線7001編成10両セット...19800円(税込)
■東京メトロ7000系 有楽町線・副都心線7016編成8両セット...15840円(税込)
 東京メトロで45年余り首都圏の輸送を支えた7000系が製品化されます.
 製品は,7000系の引退間際の姿である8両編成(副都心線),10両編成(有楽町線・副都心線)をプロトタイプとし,アンテナ・シール・台車枠(2両分)と記念のトレーディングカードが各セットに付属します.
※詳しくは,製品情報のページ(PDFファイル)をご覧ください.
 このほか,以下の商品が,2022(令和4)年2月の発売予定商品として発表されています.
南海電気鉄道1000系 すみっコぐらしラッピング 6両セット...13200円(税込)
ナローゲージ80 想い出の尾小屋鉄道 キハ1タイプ+ホハフ8タイプ 2両セット...5830円(税込)
ナローゲージ80 想い出の尾小屋鉄道 121タイプ+ホハフ3タイプ 2両セット...5830円(税込)

写真はいずれもイメージです.