×

富山地鉄市内電車,10月10日から交通系ICカードに対応

富山地方鉄道 デ9000形

写真:富山地方鉄道デ9000形  編集部撮影  国際会議場前にて  2010-9-5

富山地方鉄道は,2021(令和3)年10月10日(日)の始発から,市内電車においてICOCAなどの交通系ICカードへの対応を開始すると発表した.
 これは,富山市への来街者に対する利便性の向上や富山駅の交通結節機能強化,キャッシュレス化を目的としたもので,富山地方鉄道・富山市・JR西日本が連携して交通系ICカードの利用ができるよう整備を進めてきた.
 利用可能となるのは,富山地方鉄道の市内電車全エリアで,ICOCAのほか,全国相互利用対象のICカード乗車券(Kitaca・PASMO・Suica・TOICA・manaca(マナカ)・PiTaPa・はやかけん・nimoca・SUGOCA)の10種類が利用できる,なお,富山地方鉄道の営業窓口や車内では,上記の交通系ICカードの販売やチャージができないため,事前に最寄りのコンビニなどでチャージを行なう必要がある.また,既存の「ecomyca(えこまいか)」,「passca(パスカ)」は,これまでどおり利用できる.
 利用方法は,市内電車の車両降車口に新設された専用のカードリーダにタッチする.運賃は大人210円・小人110円で,現金利用時と同額とし,ICカード利用割引きは実施されない.

写真はイメージです.