JR西日本,新快速「Aシート」指定席の設置期間を11月まで延長

JR西日本 223系「Aシート」車

JR西日本は,定員制の有料座席サービス新快速「Aシート」の一部座席について,事前予約による指定席として営業しているが,2021(令和3)年10月1日(金)から11月30日(火)までの期間についても,指定席の営業を継続すると発表した.

JR西日本 223系「Aシート」車

 指定席は,9月までと同じく新快速「Aシート」営業列車の全列車(上下4本)に設定し,各列車の9号車1番〜5番の座席(A席〜D席/全20席)が対象となる.
 指定席券の料金は840円で,ネット予約「e5489」または駅の「みどりの券売機」などで事前に指定席券を購入する.指定席券は運転日の1ヵ月前の午前10時から発売するほか,ネット予約「e5489」限定で,600円(3号は450円)で購入できるチケットレス商品も発売する.
 なお,車内で乗車整理券(500円)を購入する定員制座席についてもサービスを継続する.

写真はいずれも松本洋一撮影 2019-2-27 網干総合車両所にて(取材協力:JR西日本)