JR九州「36ぷらす3」,10月〜2022年2月出発分の発売を開始

JR九州787系 「36ぷらす3」

写真:JR九州787系「36ぷらす3」  編集部撮影  小倉総合車両センターにて   2020-9-29(取材協力:JR九州)

JR九州では,D&S列車「36ぷらす3」のランチプラン・ディナープランについて,2021(令和3)年10月1日(金)から2022(令和4)年2月28日(月)出発分の発売を開始した.
 今回の発売分から,2号車の利用人数が変更される.2号車の個室については,これまでは4名〜6名での利用となっていたが,10月以降は3名〜6名での利用が可能となる.これにより,3名での利用や3世代での旅行など,利用の用途が広がるとしている.
 木曜日「赤の路」限定で提供される「鮨プラン」の価格については,おとな35000円・こども30000円に改定する.また,月曜日「金の路」の乗車駅・降車駅に肥前浜駅を追加することで,肥前浜宿の散策や,日本酒BAR「HAMA BAR」などでの時間を楽しめるようにする.
 申込は,「36ぷらす3」専用WEBサイト,「36ぷらす3」ツアーデスク,JR九州駅旅行の窓口,全国の主要旅行会社で受け付ける(みどりの窓口を除く).また,グリーン席プラン(きっぷ)については,乗車日の1ヵ月前の10時から発売する.

※写真はイメージです.