×

グリーンマックス,阪急1300系の製品化を発表

グリーンマックス,阪急1300系の製品化を発表

グリーンマックスは,阪急1300系を製品化すると発表しました.

 製品は,大阪梅田駅名改称後で,側面車端上部に車両番号表示のない姿とし,神戸線・宝塚線用の1000系とは異なる車体幅やディテールが新規金型で再現されます.
 車両番号,社紋は印刷済みで,前面・側面種別行先表示,優先席(大・小),弱冷車,車椅子・ベビーカーマークは,新規に製作される付属ステッカーからの選択式です.列車無線アンテナ,ヒューズボックスはユーザー取付けで,避雷器は一体彫刻表現,FOMAアンテナは屋根パーツに取付済みとなります.なお,先に発売された阪急1000系と同じく,ライトユニット基板のスイッチにより,前面通過標識灯の左右それぞれの点灯・消灯が選択できます.
 価格は8両編成セット41250円(税込)で,動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.発売予定は2021(令和3)年12月以降となっています.
※詳しくは,製品情報ページ(グリーンマックスWEBサイト)をご覧ください.

画像はグリーンマックスWEBサイトから