鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

東武,SL「大樹」を7月31日から毎日運転へ 〜SL大樹「ふたら」は2021年秋から定期運転を開始〜

東武鉄道 C11 207号機

写真:C11 207  編集部撮影  東武鉄道南栗橋車両管区にて(取材協力:東武鉄道)

東武鉄道は,日光・鬼怒川エリアで運転しているSL「大樹」について,2021(令和3)年7月31日(土)から毎日運転を開始すると発表した.

 これは,2021(令和3)年1月から実施していたC11 207の長期検査が7月に終了し,現在運転中のC11 325とあわせて2機体制になることで実現するもの.
 7月31日(土)から9月30日(木)までの平日・祝日については,蒸気機関車1機による2往復運転とし,土曜・日曜は一部の運転日を除き,C11形2機による4往復運転とする.

東武,SL「大樹」を7月31日から毎日運転へ

▲C11 325けん引によるSL大樹「ふたら」

 また,現在団体専用列車として運転している東武日光駅発着のSL大樹「ふたら」については,2021(令和3)年秋から平日に定期運転を開始する予定で,修学旅行や団体旅行のコンテンツとしても利用可能となる.なお,定期運転時のきっぷの発売開始時期については,別途発表される.

一部の写真は東武鉄道のニュースリリースから

このページを
シェアする