×

相鉄,5月29日から天王町駅に副駅名<横浜ビジネスパーク前>を導入
〜改札口でのAI画像解析技術試験運用も開始〜

access_time
2021年5月28日掲載
相鉄,5月29日から天王町駅に副駅名<横浜ビジネスパーク前>を導入

相鉄グループの相模鉄道では,2021(令和3)年5月29日(土)から,天王町駅に副駅名称<横浜ビジネスパーク前>を導入すると発表した.

 これは,横浜市と進めている相模鉄道本線(星川駅〜天王町駅)連続立体交差事業の一環として,同日に天王町駅「YBP口(横浜ビジネスパーク口)改札」の使用を開始することにあわせて導入するもので,横浜ビジネスパークを運営する野村不動産の協力を得て,駅名標などに表示する.

相鉄,5月29日から天王町駅に副駅名<横浜ビジネスパーク前>を導入

 また5月29日(土)から,天王町駅の改札口(YBP口,東口)・コンコースにおいて,AI画像解析技術「VACSシステム」を活用した試験運用を開始する.これは,乗客サポートの本格導入に向けて行なうもので,セントラル警備保障が提供する「VACSシステム」を活用した防犯カメラシステムにより,白杖や車いすなどを利用する乗客を検知する.検知情報は,CSP監視員が目で確認するとともに,その情報を駅係員に通知後.通知を受けた駅係員が,乗客のもとに向かいサポートする.

写真・画像は相模鉄道ニュースリリースから