×

JR九州・佐川急便,九州新幹線を使用した貨客混載事業を5月18日から開始
〜九州新幹線荷物輸送サービス「はやっ!便」も同日からサービスを開始〜

JR九州800系1000番台

写真:JR九州800系1000番台  川内新幹線車両センターにて  2009-8-6  編集部撮影(取材協力:JR九州)

佐川急便とJR九州は,宅配便荷物を九州新幹線で運ぶ貨客混載事業の協業について,2021(令和3)年5月18日(火)から事業を本格稼働すると発表した.

JR九州・佐川急便,九州新幹線を使用した貨客混載事業を5月18日から開始

▲貨客混載事業 輸送フローのイメージ

 実施区間は,九州新幹線 博多—鹿児島中央間(256.8km)で,1日あたり上下1列車ずつを対象とする.輸送品目は,佐川急便が福岡市で集荷して鹿児島市へ配達する宅配便荷物と,鹿児島市で集荷して福岡市へ配達する宅配便荷物で,それぞれ指定場所で宅配便荷物を集荷し,九州新幹線車両の業務用室へ宅配便荷物を積載.輸送後,指定場所まで配達する.
 これにより,福岡市と鹿児島市間における宅配便の即日配達が可能となる.

JR九州・佐川急便,九州新幹線を使用した貨客混載事業を5月18日から開始

▲「はやっ!便」 輸送イメージ

 また,同日から九州新幹線車両の未活用スペース(旧車販準備室)を使用して荷物を輸送する新サービス「はやっ!便」も開始する.これは,企業間での急ぎの書類や,機械部品,朝採れ野菜・鮮魚などの生鮮品などを輸送する.
 配送は博多—鹿児島中央の2駅間で,最大重量は10kg/個まで輸送可能.料金は税込900円(60サイズ)〜2000円(140サイズ)/個となる.
 荷物の受付は,博多駅と鹿児島中央駅の各みどりの窓口で受け付ける.輸送時間帯は,下り(鹿児島方面)が午前便・夕方便の2本,上りが午前便・お昼便・夕方便の3本から選択できる.

一部の画像はJR九州・佐川急便のニュースリリースから