×

キハ200形による団臨が篠栗線・筑豊本線で運転される

キハ200形による団臨が篠栗線・筑豊本線で運転される

JR九州では,2021(令和3)年4月10日(土),熊本車両センター所属のキハ200(キハ200‐102+キハ200‐1102)2両を使用した団体臨時列車が運転されました.
 これは『鹿児島本線開業130周年記念,黒崎駅ウォーキング』のコラボ企画として運転されたものです.客扱い区間は,博多→黒崎間と,小倉総合車両センター→西小倉→直方→博多間で,ツアー客には,小倉総合車両センターが開放されました.

写真:折尾—東水巻間にて 2021-4-10
投稿:花村 隆広