×

相鉄,5月29日から天王町駅「YBP口改札」の使用を開始

access_time
2021年2月27日掲載
相鉄,5月29日から天王町駅「YBP口改札」の使用を開始

▲「YBP口改札」完成イメージ

 相鉄グループの相模鉄道では,2021(令和3)年5月29日(土)の始発から,本線天王町駅の「YBP口(横浜ビジネスパーク口)改札」の使用を開始すると発表した.

相鉄,5月29日から天王町駅「YBP口改札」の使用を開始

▲「YBP口改札」位置図

 これは,横浜市と進めている「相模鉄道本線(星川駅〜天王町駅)連続立体交差事業」の一環として,野村不動産協力のもと,横浜ビジネスパークや駅利用者の利便性向上を目的として設置する.
 新改札口には,交通系ICカード専用自動改札機を4通路(うちバリアフリー対応改札1通路),交通系ICカードチャージ機を3機(うち改札内1機,改札外2機)が設置される.
 新改札口の使用開始にともない,現行の改札口については「東口改札」に名称を変更する.あわせて,24時間通行可能な横浜ビジネスパーク方面への高架下通路の使用も開始する.

画像はいずれも相模鉄道提供